お風呂に入って体を温めて

こんにちは、お元気ですか。お風呂に入って体を温めて血液の巡りが良くなったところで、育乳効果のあるマッサージをすれば、さらに効果が期待できるでしょう。それに、お風呂に浸かって体温を上げることで、睡眠のクオリティも良くなり、バストアップに欠かせない成長ホルモンが多く分泌されます。胸を大きくしたいのであれば絶対お風呂に浸かるようにしてください。

豆乳には女性ホルモンの種類の一つであるエストロゲンとよく似ている働き方をするイソフラボンという名の成分が含有されています。イソフラボンを摂取することでエストロゲンの分泌を促進するため、バストを大きくする効果が期待できます。豆乳には、そのほかにも質の良いタンパク質が配合されているというのも胸を大きくするのに効果があるといわれている理由です。

バストを大きくすることは全女性が夢見ることですよね。それは女性の性として体が覚えているものだと思うからです。たまに果物の大きさを例にとって表現される胸ですが、なにゆえそのようなものと天秤にかけられるようになっていったのでしょうか。

おっぱいを大きくするために効くといえば、想起されるのは女性ホルモンです。女性ホルモンが持つ成分に似た食べ物としてはイソフラボンが入った食品を挙げる方も多いでしょう。イソフラボンときいて一番に思い浮かぶのは大豆です。納豆やきなこなどを一日の食事のどれかに入れるようにしています。肌にハリが戻ってきた気がします。胸にもハリが出てくるのを望んでいます。

食習慣を変えて胸を大きくしたい場合は食べるときに考えてみるのもいいでしょう。いつ摂取するかによって、胸を大きくすることに多少なりとも変化が期待できます。例えば、エストロゲンの分泌を活発にする食品は、エストロゲンが分泌される、女性ならではの日である月経期、卵胞期、排卵期に取り入れるようにするのがよいでしょう。ココアを飲むと健康に良いという話はよく耳にする話ですが、最近の研究ではポリフェノールがたっぷりなので、バストアップ効果があることが分かって来ました。牛乳でココアを飲むとたんぱく質が摂取できて良いのですが、豆乳で飲むとイソフラボンまで摂れるので試す価値ありです。ココアは体を温めるので、適度に飲んでみて損はないでしょう。次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です